HOME > カラオケ上達のコツ > 楽しく歌うことが大事

楽しく歌うことが大事

 歌っていて、楽しいと感じたことはありますか? 自分が音痴だと思っている人の大多数は、歌うことそのものに苦手意識があるでしょうから、あまり楽しいとは感じていないのではないでしょうか。ですが、楽しく歌うことが、カラオケ上達の近道です。カラオケが好きという人は、もちろんみんな歌うことが好きで、楽しい訳です。そして「楽しい」という事は、カラオケ上達のためには重要な要素になるのです。中には、特に歌が上手いわけでもないのに、マイクを独占してしまう人ももちろんいますから、例外はありますが、基本的には楽しく歌ったほうが上手いものなのです。なぜかというと、楽しくないと感じて歌うとしたら、そこにはプレッシャーや緊張感が必ず存在します。プレッシャーや緊張感は必要なものですが、カラオケに苦手意識を持っている人というのはなんだか大きな壁のようなものを感じてしまうのです。こうした心理面での壁が、声を出しにくくし、ミスを犯しやすくします。緊張して歌うよりも、気軽に歌ったほうが上手いというのは、このためです。ですからカラオケが上手い人は、カラオケ慣れしている、という印象になるわけですね。また、実際にカラオケ慣れ強いる人は、変に緊張したりはしませんから、特に上手いとは思われなくても、下手だと感じられる人は少ないはずです。ですから皆さんも、特に自分が音痴だと思っている人ほど、カラオケを楽しむつもりで歌って下さい。下手でもいいや、くらいの開き直りを持ってもいいですよ。ですから、飲み会のあと、二次会がカラオケというのは、実は悪くないのです。みんなの緊張もほぐれていますし、聞くほうも判断力が落ちています(笑)。ただし、楽しすぎて無理に大声を出すと、のどを痛めますのでほどほどに。好きな曲の傾向があう気の合う人と、少人数でいくのと、緊張しませんし、練習にもなりますよ。

そもそも音痴の定義とは

いろいろな音痴のタイプ

音痴を治す方法

カラオケ上達のコツ

Copyright© 2012 音痴矯正マニュアル All Rights Reserved.